ワキガ臭はうつるかも?服や人にうつさない方法について

ワキガはうつるって本当?

ワキガはうつるの?という疑問がよく聞かれますが、人の不快な臭いが自分についてしまうのはとても困ります。ワキガはレベルがありますので、周囲にわからない軽度からすれ違ったときにすぐにわかる重度まで様々。冬のコートを重ねておいただけで人にワキガ臭がうつってしまうほどの場合もあります。

自分だけの問題ならまだいいのですが、こうやってワキガが服や人にうつってしまうのは一番避けたいことです。ではそんな悩みを抱えるワキガの人に、臭いがうつらないコツや臭いの特性について解説したいと思います。

ワキガ臭がうつったと思う瞬間

ワキガはうつるのかどうか、はっきりしたからくりを知らなくても実際に臭いがうつったように思う瞬間は色々あります。たとえばワキガの彼氏が使ったタオルを使って体を拭いたら自分に彼氏のワキガ臭がついてしまった場合。ワキガ体質の人の服を借りて臭いが付いた場合。またデート中のスキンシップで自分の肌の臭いがワキガ臭になる場合などがあります。

とくに恋人や家族は一緒にいる時間が長いので、衣類や肌が触れ合うチャンスも多くなります。ワキガ体質だと自分だけでなく周囲の人にも臭い対策しないといけないので、ストレスがたまりますよね。たとえば満員電車のなか、ワキガ臭が強い人がひとりいるだけでも全員がなんとなく臭いがうつったような不安を抱くことがあります。それほどワキガは臭いが強く周囲まで不安にさせてしまうものなのです。

ワキガはうつるかもしれない?

ワキガがうつったと思うのは臭いの分子がほかのものに移動しただけで、ワキガの体質が病気のようにうつるわけではありません。ワキガは汗と菌の働きにより発生するものなので、汗と菌は物を介してほかに移動します。そのためワキガ人が使ったタオルを使うと、汗と菌がほかの人に移動するため、そこからワキガ臭を発生させるのです。

自分もワキガになったと勘違いするシーンはありますが、一時的な臭いなのでうつった人は一生ワキガになるわけではないのでご安心ください。ただしワキガは親から遺伝するものなので、体質的に受け継いでしまうケースがあります。この場合は片方の親で50%、両親の場合80%で遺伝することが分かっています。それ以外の場合は他人からワキガ体質がうつることはありません。

ワキガ臭がうつる可能性が高い場面

うっかりワキガがうつる可能性が高いのは洋服を貸し借りするときです。臭い成分が染み込んだ洋服を身に着けるとワキガでない人にも臭いがうつってしまいます。自分がワキガ体質の人は洋服をだれかに貸す際は衣類用の消臭スプレーをしておくと安心ですね。

そして注意したいのはお風呂やプールなどの場面。スペースが狭い場所に大勢の人が入ると汗や皮脂が水に混ざり、自分の肌に付着する可能性があります。プールは殺菌で塩素を使いますのでツーンとした臭いがワキガだと誤解する人もいるかもしれませんね。大勢の人が出入りするプールや銭湯などは、上がるときに必ずお湯や水で肌をきれいに洗い流しておきましょう。

服にワキガ臭が残るのはなぜ?

ワキガは洋服からほかの人にうつる場合があります。なぜ衣類にワキガ臭がついてしまうかというと、臭い分子だけでなく汗や皮脂、菌が繊維の奥まで染み込んでしまうためです。ワキガの人は肌をきれいに拭いても、衣類に染み込んだ菌が肌に移動すると結果的にワキガ臭が再び発生してしまいます。ワキガ対策では汗をかいたらこまめに洋服を着替えることがコツになりますので、スポーツの後などは早めに綺麗な服に着替えてください。

汗シミを残さないため、吸汗性や通気性の高い洋服を選ぶとよいでしょう。ポリステルなどの素材だとワキが蒸れやすくなり繊維にも菌が付着したままになります。またワキガ臭がひどい洋服はなるべく早く洗濯すること。時間が経過すると菌が増殖して一度洗っただけでは臭いがとれません。すぐに洗濯できない場合は付け置き洗い、洗剤をスプレーしておくこともオススメです。

ワキガ臭がうつらない予防策を実践しよう

ワキガ臭がうつらないようにするためには、殺菌有効成分が配合されたワキガクリームがオススメです。クリームは皮膚に成分が浸透しますので、こすれても取れないので安心。また汗や菌が衣類にうつりほかの人に迷惑をかける心配もないでしょう。

ワキガは制汗剤を使うケアが一番手軽で便利、しかし使うものによっては十分効果が実感できないこともあります。制汗剤を使っているから安心だと油断すると、ワキガを人にうつす可能性がありますよ。スプレーやロールオンタイプは肌にも白く残りますし、衣類に香料がついてしまいます。その点ワキガクリームなら制汗剤を使っていることもわからないほど自然な消臭ケアができます。

まとめ

  • タオルを共有するとワキガ臭がうつる場合がある
  • ワキガ体質はうつらないけど臭い成分が移動することはある
  • 洋服の貸し借りやスキンシップは臭いが移るリスクがある
  • 繊維内に汗が入り込み菌が繁殖するので洗濯は早めにすること
  • ワキガクリームを使えば人に臭いをうつす心配はない

ワキガ体質は人にはうつりませんが、臭いが移動する場合があります。しかしほかの人にとっては、臭いが付くだけでもワキガ体質になったかと不安を与える要因です。これからは自分を含め臭いのトラブルを悪化させないためにも、ワキガクリームでしっかりケアしましょう。

コメントは受け付けていません。