ワキガの海外事情・体臭がきつい外国人の消臭方法について

外国人のワキガの消臭方法

ワキガは海外でどのように考えられているかご存知ですか。日本人は世界でみても体臭はさほど強くないため、逆にワキガは目立ってしまいます。海外では臭いの強い人がたくさんいるようなイメージがありますが、そのような体質の人達が多いところではワキガ対策の方法にもこだわりがあるかもしれません。

よく外国人とすれ違いざまに強烈なワキガ臭が漂ってくることがありますよね。周囲にすぐわかるほどの臭いでも本人は全く気にしていない様子。海外ではワキガに対してどのような考えを持っているのか、またワキガを改善するためにどんなことをしているのか早速ご説明したいと思います。

日本人と外国人の体臭の違いについて

海外旅行に行ったときに周囲の人達の体臭が強くて、そこだけが旅行の思い出に残ってしまった経験はありませんか。日本人は外国人と比べると体臭はさほど強くない人種なので、不快な臭いに慣れてない背景があります。そのため少しでも臭いがするととても気になり、おじさんの加齢臭も問題になるほど。逆に海外ではワキガや体臭は当たり前になっている傾向がありますので、多少のワキガ臭はOKという国もあるようです。

人種で見ていきますと黒人は100%、白人は80%の割合でワキガといわれています。アジアでは日本人だけでなく中国人や韓国人も同様にワキガはさほど多くありません。このように全体を見ると人種ごとにワキガの強さは変わるようです。みんながワキガのなかで生活をしていれば、臭いで差別されることはないでしょう。

また軽度のワキガなら性的な魅力に受け止められる場合もあり、海外ではワキガは絶対に悪いという風潮がない場合もあるのです。香水の歴史が欧米から始まっているように、海外ではよい香りに対してとてもこだわりがありますよね。

逆に日本では無臭やものや自然の香りを大切にするため、体から発する不快な臭いは受け入れにくいのです。日本人のワキガは全体の約10%、10人にひとりの割合になりますので多いような少ないような微妙な数。しかし自分の近くにワキガの人がいたら間違いなく殆どの場合不快に感じるでしょう。

最近は夏になると日本のドラッグストアでは制汗剤のコーナーが設けられるほど、種類豊富な商品がずらりと並びます。臭いに対して敏感になっていることや、生活習慣の変化により昔よりも日本人のワキガや体臭が増えている背景があります。たった10%の日本のワキガ人口も、決して他人事ではなくなっているのかもしれません。

外国人の体臭がきつい4つの理由について

ワキガは海外では日本のように過敏になっている人は少ないようですが、なぜ日本人と外国人は臭いが違うのが気になりませんか。ワキガの海外事情を知るには体臭が発生しやすい原因について理解しておきましょう。

アポクリン汗腺の数が多い

ワキに集中して多いアポクリン汗腺はタンパク質や脂質、アンモニアなどの老廃物が汗に含まれ外に分泌されています。アポクリン汗腺は親の遺伝で数が多くなることはワキガの原因。外国人は日本人よりもアポクリン汗腺が多い傾向があるため、必然的にワキガ臭が発生しやすいのです。

食生活の違い

ワキガになりやすい食事があるとご存知でしたか。ワキガが海外で多いのは食生活の違いが挙げられます。とくに欧米では肉やバター、チーズなどの乳製品、スイーツなどの糖質が多く毎日食べられています。これらの食生活は動物性たんぱく質が増え体内でアンモニア臭を発生しやすくなるのです。また脂質や糖質などは体を酸性に傾け皮膚の菌が繁殖しやすくなることもワキガ原因です。

入浴回数が少ない

日本ではしっかりお風呂につかり汗をかいて体の代謝を行っていますが、海外ではシャワーだけで済ませる習慣があります。浴槽がなくシャワーだけで生活する人も多い状態です。このよう入浴文化の違いは発汗機能の働きに影響を与えるだけでなく、肌を清潔に維持できない要因に。とくに発展途上の国では毎日お風呂に入る習慣はないため、皮膚の菌が繁殖して臭いが発生しやすくなっています。

体温の違い

ワキガが海外に多い理由は基礎体温の違いもあります。ワキガはアポクリン汗腺と皮膚の常在菌による働きで臭いが発生するメカニズムがあります。菌は高温多湿の場所を好みますので、基礎体温が高い外国人のほうが菌が増殖しやすいのです。とくにワキは蒸れやすく脇毛でさらに雑菌が増えやすい環境があります。

海外でワキガは許されるの?

海外でワキガは当たり前、そんな常識のなかで生活していればワキガの人は全く安心かもしれません。日本ではワキガはしっかり改善しないといけないものと思われていますが、海外ではワキガの人はどのような扱いをされるのでしょうか。

基本的に海外ではワキガをコンプレックスとして深刻に受け止める人は少ないようです。日本人ならしっかり治すために皮膚科で手術をする人もいます。日本は海外と比べると移民の数や人種の種類も少ないため、どうしても偏った考え方になってしまう場合があります。海外ならワキガはさほど心配しない風潮があっても、日本では過敏に反応される問題として受け止められますよね。

ワキガだらけの生活と日本のような全体の10%程度のワキガ人口では、本人も周囲も気になる問題なのです。では心配なのが恋人のワキガについてですよね。毎日一緒にいると相手の体臭は気になるもの、ワキガ臭が強くて恋愛に影響を与えることはないのでしょうか。

ワキガが海外でさほど問題視されないのは、恋愛事情にもメリットになっています。外国人は自分の恋人がワキガでもそれほど気にする人はいないといわれています。体臭はその人の個性として、すべてを含めて恋愛感情になるようですね。日本だと恋人にワキガがバレないようにしっかり消臭対策をして、デート中も気が散ってしまう人もいるでしょう。

ワキガはフェロモンだといわれますが、なにもケアをせずワキガをわざとアピールする人は日本にはいないはず。臭いの感じ方は個人差がありますので、ワキガ対策も皆さん色々です。海外で許されるワキガ、日本ではもっとシビアに考えられていますよ。

海外の制汗剤の効果や種類について

通販サイトを見ると海外から輸入される制汗剤がたくさんあります。日本にはなさそうな魅力的な香りも多く使ってみたいと思う人いるでしょう。ワキガは海外では何もせずに臭いだらけで生活してるのか?というわけではありません。ワキガに対してさほど悪いイメージを持たないだけでもちろん体臭ケアやワキガ対策は行っています。

海外の制汗剤は日本の製品と比較すると人工香料が多く含まれていますので、消臭するというよりは香りでワキガをカバーするような働きがあります。また添加物も多く日本人が使用すると肌トラブルになる可能性も。欧米ではデオドラントは生活習慣になっていますので、シャワーの後、出かける前など必ず使用しています。しかし人によってはワキガ対策でなく香りづけとして制汗剤を使用する場合もありますよ。

欧米で人気がある制汗剤はスティックタイプ、日本ではスプレータイプが使いやすく人気がありますよね。外国人の強いワキガ臭はスプレーでは消臭できないため、肌にしっかり消臭成分が付着するタイプが多くなっています。香りの種類はバラエティがとても多く女性用だけでなく男性用の制汗剤も日本以上に種類は多いといえるでしょう。

体臭が強い人向けに作られた海外の制汗剤なら、日本人のワキガには効果てきめんかもしれないと思ってしまいませんか。しかし注意しないと海外製品は日本人の肌にあわず、かゆみやかぶれなどの深刻なトラブルを招く場合がありますよ。日本の製品でも同様ですが、ワキは皮膚が弱くかぶれやすい部分。制汗剤を選ぶときはまず肌チェックしておくと安心かもしれませんね。

海外では制汗剤の変わりに香水を使い臭いを隠す人も多く存在します。強いワキガを消すにはよほどの香水を使用しないといけないため、かなりきつめに香水を付ける外国人は多いですね。

アメリカ人がやっている手作りデオドラントとは?

ワキガ人口が多いアメリカでは市販の制汗剤を使う体臭ケアはもちろんですが、食べ物などを使った手作りデオドラントも人気があります。日本人でもできるワキガ対策方法、アメリカで人気の3つの手作り制汗剤をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

レモンのしぼり汁

レモンにはビタミンCが多く美肌効果もあります。ワキはカミソリを使用するので毛穴の黒ずみが目立つところ。まずレモン汁を絞り、ワキに1日2回塗布してください。レモンには殺菌効果があるのでキッチンのまな板雑菌にも使用することがありますよ。剃刀を使った後は肌がダメージを受けているので、必ずレモン汁で肌チェックしてから行ってください。

アップサイダービネガー

アップルサイダービネガー、もしくはリンゴ酢を使ってワキガの消臭を行います。酢はアルカリ食品で肌のPHバランスを整えるため皮膚の常在菌の働きが抑制できます。また酢は殺菌効果があるので菌の増殖を防ぎワキガ臭の予防効果にもつながるでしょう。アップルサイダーは1日2回ワキに塗布してください。酢の臭いが気になる場合は水で薄めたスプレーを使っても大丈夫ですよ。

ローズマリーオイル

ローズマリーは抗菌作用がありますので、ワキガの原因菌を繁殖させないように予防できます。ローズマリーオイルを数的ワキに塗るだけで、ハーブの天然の香りで不快なワキガがブロックできます。

またローズマリーオイルは入浴でも使用できますので、浴槽に溜めたお湯に数的入れてアロマバスとして楽しむのもよいでしょう。この際はお湯の温度を38度ぐらいのぬるま湯に設定して、半身浴で汗をたっぷりかく方法がワキガにメリットになります。

まとめ

  • 外国人は日本人よりもワキガ体質が多い
  • 肉食生活が多い海外ではワキガになりやすい
  • ワキガは海外で日本のように敏感に扱われない
  • 海外の制汗剤は香りが強く日本人の肌に合わない可能性がある
  • 海外ではレモン汁や酢を使ったワキガ対策もある

ワキガは海外では日本ほど皆さん過敏になっていないようですが、世界中の人があちこちで生活する今の時代。ワキガ対策はしっかり行い周囲の迷惑にならないようにエチケットは守りたいですね。ワキガ専用の優秀な日本製の制汗剤が増えていますので、気になる方は早速今日からワキガケアを始めましょう。

コメントは受け付けていません。