女性のわきが対策は皮脂とホルモンバランスをターゲットに!

女性のわきが対策について

女性のわきが対策は香りのよい制汗剤を使って終わり。きっとそんな方法でずっとワキガをケアしてきた人は多いと思います。制汗剤はわきが対策で大切な意味を持つアイテムですが、女性の場合はそれだけでなく男性以上にワキガが強くなる要因があるのです。

彼氏とデートの約束、しっかりおしゃれしてきたのに、わきが臭が強くなったらデートは台無しになってしまいますよね。そこでこれからは制汗剤だけでなく、女性特有のわきが理由にも上手にアプローチしていきましょう。では早速ですが女性のわきが対策で意識するべき大切なことをご紹介したいと思います。

女性のわきがは男性よりも悪化しやすい?

わきがは男性がなるものという印象を持っている女性は油断しないほうが無難。ニオイに関して女性は男性よりも敏感なので、周囲の人のニオイにはとても厳しいですよね。でもわきがとなると鼻が慣れてしまい、自分のニオイには気が付かない人もいます。

女性のわきが対策で知っておきたいことは、男性よりも女性のほうがわきがは悪化しやすい状況があること。次の3つの理由により男性のような不快なわきが臭を発生させる可能性があります。

女性のほうが皮脂が多い

わきがはアポクリン汗腺と皮膚の常在菌の働きが原因になりますが、菌が増殖する際に餌になっているのが皮脂。皮脂が多い人のほうがわきがは悪化しやすい傾向があります。女性の体は皮下脂肪をためやすいため、皮脂分泌が多く男性よりもわきがになりやすいのです。

アポクリン汗腺が男性よりも女性のほうが多い

人間の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。わきにはアポクリン汗腺が集中しているため、ニオイを発生しやすい体の部位。アポクリン汗腺の汗にはタンパク質やアンモニアなどの老廃物が含まれていますので、菌が喜ぶ餌になります。女性は男性よりもアポクリン汗腺が多いためわきが対策をしっかりやらないと、ニオイが気になる部位はあちこちにでてきてしまいますよ。

男性よりもホルモンバランスが乱れやすい

わきがとホルモンというのは一見なにも関係がないように見えますが実は汗腺の働きに影響を与えています。女性は生理前になると女性ホルモンの分泌が多くなり汗腺が開きやすくなるので、体臭が気になることがありませんか。定期的にホルモンバランスが変化する女性の体は汗の量が不安定になりやすいといえるでしょう。

ホルモンバランスの乱れを直してわきが対策をしよう

女性のわきが対策で注意したいことがホルモンバランスについて。ホルモンは目で見えないものなので、どのような状態か自分で判断できない場合がほとんどですよね。よほど体調を崩さない限りホルモンバランスの崩れを知ることはないかもしれません。

そもそもホルモンは人間の体に100種類以上あるといわれ、色々な臓器から分泌されています。女性ホルモンは妊娠、出産、美容などに関係する大切な働きがあり脳の指令により卵巣から分泌されるメカニズムがあります。

現代女性にとても増えているホルモンバランスの乱れ、主な原因になるのが「ストレス」。ストレスにより睡眠不足や不規則な生活が始まり体のあらゆるところに負担がかかってしまいます。ホルモンバランスが崩れるとまず生理の周期が乱れて、月経前症候群等の辛い症状が起こる場合もあるでしょう。さらに女性ホルモンの乱れは肩こり、腰痛などの筋肉痛、冷え性、さらに不妊症などの深刻な病気になる可能性もあります。

汗腺が開きやすくなるのもホルモンバランスのためで、生理前だけでなく女性は更年期を迎えるとわきがは強くなる傾向があります。そこで女性のわきが対策としてはじめたいホルモンバランスを安定させるコツをみていきましょう。

ホルモンのリズムを知ること

女性にとってホルモンバランスがわかりやすいのは生理サイクルです。体の変化のリズムを知りきちんと自分の体をメンテすることも忘れずに行いましょう。

女性特有の悩みを解消する

男性よりも女性がなりやすいものとしてむくみ、便秘、冷え性、ストレス、肩こりがあります。このような症状はすぐに命に係わるものでないため放置する人も多いかもしれませんが、自律神経が乱れる可能性があるため普段から女性の不調は敏感に対処してください。

リラックスしよう

自分なりのストレス解消法を見つけましょう。運動、趣味、香り、瞑想などあらゆるリラックス方法がありますので、疲れたなと感じた時はストレス対策もわきがによいメリットになります。

皮脂バランスが悪い人は保湿でわきがをやっつける!

皮脂バランスは乾燥肌やテカリ肌など見た目の問題だけでなく、女性のわきが対策では重要なカギを握っています。男性よりも女性のほうがアポクリン汗腺が多い特徴があることは、皮脂腺の数にも比例しています。

皮脂腺とは皮脂を分泌するところで真皮層にあり毛穴につながっています。毛穴からでた皮脂は角質層表面にひろがり肌の乾燥を防ぐ大切な働きを持っています。気温が高いとき、思春期、肌が乾燥しているときなどは皮脂が過剰に分泌される傾向があります

この皮脂腺ですがアポクリン汗腺とつながっているため、皮脂が多い人はアポクリン汗腺の汗も多いことに。精神的な緊張やストレスで発汗する働きが特徴、もうひとつのエクリン汗腺と比較するといまだに働きがよくわからない部分もあるようです。

女性のわきが対策で知っておきたいことは皮脂コントロールの大切さ。アポクリン汗腺の汗と皮脂がダブルで増えてしまうと皮膚の常在菌は増殖しやすくなります。顔や頭皮のように皮脂がわかりやすい部分はケアをしやすいですよね。しかしワキはニオイばかりが気になり肌の状態まで確認せずに毎日過ごしている人も少なくありません。

そこでこれからわきがをしっかり対策するためには皮脂バランスについても意識してください。肌が乾燥している人は皮膚本来の働きで皮脂が多く分泌されています。ワキは普段から制汗剤やムダ毛処理のために肌に様々な負担がかかっていますので、普通肌の人でもワキは乾燥しやすい傾向がありますよ。女性のわきが対策でこれからプラスしておくと安心な保湿ケアのポイントをみておきましょう。

肌を清潔にする

ワキは毛穴に汗や制汗時などの汚れが入りやすくなっています。肌の状態を整えるためにも清潔に維持しましょう。

保湿クリームを使う

ワキの皮脂バランスを整えるためには保湿クリームなどのボディケアを行ってください。とくに入浴後は肌が水分が蒸発しやすいのですぐに保湿するといいですよ。

わきが対策に便利な3つのアイテム

女性のわきが対策はきちんとやっておかないと周囲の視線が気になります。男性のような不快なニオイを発していると恋愛もしにくくなりますよね。そこでこれからわきが対策として加えたい3つのアイテムをご紹介したいと思います。自分のニオイのレベルや使いやすさなどを考えてぜひ参考にしてください。

サプリメント

わきがは皮膚の表面で起こっているイメージがありますが、汗は体内の老廃物が含まれているので皮膚表面にでてくる前に体内からアプローチしておくことも可能です。わきがによいサプリメントは抗酸化力を高めるタイプ、消臭成分や腸内環境を整えるタイプなど色々あります。

わきがを発生させないように自分に合ったサプリメントを選んでください。サプリメントはニオイのもとになる汗の成分を改善してくれます。また菌の繁殖力を低下するためわきが改善にメリットがあるでしょう。即効性があるものではありませんので、継続することをオススメします。

殺菌ボディソープ

女性のわきが対策は肌を清潔にすることが大切なポイントになります。汗を止めることはできませんから、清潔に肌を維持して菌の働きを抑えることがコツ。毎日使うボディソープを消臭作用があるタイプにするだけでもかなりニオイ対策にはメリットになります。とくに体臭ケアで人気がある柿渋石鹸ですが、わきがを悪化させる菌の増殖を抑える働きがあります。

値段も千円以下で購入できますのでわきが対策をリーズナブルに続けたい人にはオススメかもしれませんね。ボディソープは刺激が強いと肌の乾燥を招くので必ず保湿成分が配合されたものを選びましょう。

制汗剤

ニオイケアに欠かせないものが制汗剤です。女性向けにあらゆる商品が販売され、容器のデザイン、香り、値段など選ぶ基準は皆さん違うでしょう。女性のわきが対策で間違ってしまうのが制汗剤選び。わきがは普通の汗のニオイとは違うメカニズムがありますので、必ずアポクリン汗腺の汗に対応できる制汗剤を選んでください。

香水でわきがは消せない!おしゃれの間違った方法とは?

ニオイに敏感な女性達は良い香りにもこだわりを持っています。おしゃれの一部になっている香水は皆さん必需品になっていると思います。わきがも香水をつけておけばしばらくは大丈夫だと安心する人もなかにはいますよね。おしゃれを楽しみながら女性のわきが対策をするには、香水の使い方にも注意が必要です。

そもそも香水は香りをつけるもので、消臭するものではありません。香りが強いものは嫌なニオイをカバーしてくれますが、わきがは菌の増殖を抑えない限り消臭できません。香りの間違った使い方はわきがをさらに悪化させてしまう要素があるので注意してくださいね。

香水をわきに吹き付ける

洋服のタバコのニオイ、ペットのニオイなど香水をスプレーしてごまかすことがありますよね。一時的な効果は得られても根本的な臭いまでしっかり消臭できません。わきがの場合、香水をわきに吹き付けても殺菌成分が香水に含まれているわけではありませんので菌はどんどん増殖して行くでしょう。さらに香水の成分が肌に刺激を加えさらに皮脂が分泌される可能性もあります。

洋服に香水をスプレー

肌が敏感なので変わりに洋服に香水をスプレー、という対処方法もオススメではありません。ワキは汗シミが残りやすく制汗剤による色素で黄色くシミがとれなくなる場合がありますよね。香水をスプレーするとさらにシミが濃くなる可能性がありますし、肌と同様に殺菌効果にはなりません。

衣類には汗や皮脂が吸収されていますので、菌も繊維のなかから繁殖している状態。香水で一時的に香り成分をつけても皮膚表面と同じく菌の活動は続いています。

香水をつける方法

香水は出かける30分ほど前につけると香りの濃度が丁度よくなるといわれています。女性がわきが対策をせずに香水を使った場合、香りとわきが臭が混ざりさらに不快な臭いになる可能性があります。また香りの持続力は短いため、カバーする時間も一瞬だけ。ワキガ専用の無香料の制汗剤を使用すれば香水もミストなども通常の通り使えます

女性にオススメのわきがクリームの選び方

女性のわきが対策には自分にぴったり合うわきがクリームが一番オススメです。わきが対策は菌の増殖を抑え、制汗する商品が何よりも必要になります。ワキガクリームというと使うのが恥ずかしく感じる人もいるかもしれませんが、最近は女性にあったデザインをはじめ制汗剤というイメージがまったくないアイテムも増えています。ではワキガクリームを選ぶ際に注意したいポイントについてご説明したいと思います。

保湿成分

女性は男性よりも皮脂が多く分泌されやすい傾向があるので、保湿ケアはわきが対策にも欠かせないことです。消臭効果はもちろん大切ですが女性の美肌を守るためにも保湿成分が配合されているワキガクリームがオススメです。肌をしっとり維持させると皮脂バランスが安定し菌の増殖が防げます。また剃刀の脱毛などで傷ついた肌を回復するにもメリットになるでしょう。

無添加

わきがの汗には色素成分が混ざっているため、洋服に汗シミを残しやすいことが特徴です。大切な洋服が全部にダメになるのは避けたいところ。無添加のワキガクリームなら人工色素や保存料などが使用されていませんので肌に安全なだけでなくシミの心配もありません。また無香料なら香水もおしゃれも今まで通りにできます。

殺菌と制汗

ワキガクリームの目的はしっかり元からニオイをブロックすることです。スプレー制汗剤のように一瞬消臭するだけではわきがには対処できません。殺菌成分と制汗成分が配合されているか、殺菌率が高いかなども判断して選びましょう

持続力

わきは汗をかきやすくいつも蒸れています。そのため汗で流れてしまうクリームだと何度も塗りなおしが必要なので、肌に負担がかかるかもしれません。ワキガクリームの魅力は持続力があること。そのためにはクリームの浸透力の高さや流れにくいテクスチャーなども意識しておくと安心です。

まとめ

  • 皮脂線の働きやホルモンバランスにより女性のほうが男性よりもわきがは悪化する
  • 女性のわきが対策は肌を清潔にして保湿ケアをしよう
  • ストレスを減らし発汗量を抑えることが大切
  • ボディソープ、サプリ、制汗剤などのワキガ対策グッズを使う
  • 香水はおしゃれに使うものでわきが消臭にはならない
  • ワキガクリームは保湿力、殺菌力、制汗力などを比較する

女性のわきが対策は制汗剤だけでなく普段の生活で注意できることも積極的に行いたいですね。女性らしい魅力をアピールするには不快なニオイはまず排除したいことです。ワキガクリームという便利な対策方法がありますので、上手に活用して快適な毎日を過ごしましょう。

コメントは受け付けていません。