最強に効果があるワキガクリームを教えてください

ワキガがかなり強くて困っています。とくに通勤電車が私の苦手なところ。つり革につかまっても安心できる最強のワキガクリームを教えてください。

ワキガクリームは人気ランキングサイトを参考にすると、効果の高い商品が色々見つかりますよ。選ぶときは必ず肌に合うタイプを見つけ有効成分にどんなものが使われているか確認しましょう。ワキガクリームは持続力があるので頑固なワキガ臭にもオススメです。

どれを選ぶかにより効果が変わりますのでまずは人気アイテムからトライすることをオススメします。ちょっと高いなと感じるぐらいの価格帯がいいかもしれませんよ。返金制度がある商品もぜひ参考にしてください。

ワキガクリームのおすすめランキングで人気アイテムをチェックしよう

皮膚科のワキガクリームと市販のワキガクリームの違いについて

市販のワキガクリームでは全く効き目がないという場合は本格的なワキガ治療が必要かもしれません。ほとんどのワキガはセルフケアで改善できるといわれていますので、病院に行く前は制汗剤を見直したり生活習慣を改善するなどできるだけのことをやっておきましょう。

皮膚科では塗り薬でワキガを治療する場合があります。この際に使う病院の塗り薬と市販のワキガクリーム、効果はどれぐらい違うのか気になる点をご説明したいと思います。

重度のワキガは手術が必要な場合もあり

ワキガはなんとなく臭う程度から通りすがりの人にはっきりわかるほどの重度の方もいます。市販のワキガクリームは軽度~中度までを対象にして作られているともいわれていますので、なかには消臭効果が実感できないレベルの人もいるでしょう。

重度のワキガは病院で治療が必要になる可能性があります。しっかり治すためにはアポクリン汗腺を取り除く手術がありますので、医師と相談の上判断しましょう。

ワキガ手術はいろいろな施術方法があり、外科的な手術は皮膚を切開するのでワキに傷跡が残ってしまいます。またダウンタイムもありますので日常生活に影響を与えてしまうことも。そのためワキガ手術は最終的な手段として選ばれることが多く、しかも手術しても完治しない可能性があるのでじっくり考えてから判断してください。

塩化アルミニウム水溶液について

ワキガ治療は度合いにより手術を行うか薬の服用や塗布薬で対処する場合もあります。ワキガクリームよりも効果が強いイメージがある病院の塗布薬、主流になっている塩化アルミニウム水溶液について特徴と効果をご説明しましょう。

この薬は多汗症治療の外用療法として使用されることが多く、汗をだす汗管の細胞を閉鎖させる働きがあります。ワキガは汗の量によりニオイも変化しますので、薬で発汗量が減少するとワキガ臭を抑えることが可能です。効果は一時的なので、ワキガ治療は継続して治療が必要になります。

塩化アルミニウムはワキガ治療の場合10~35%程度の溶液を使用し、就寝前に塗布して翌朝水で洗い流します。消臭効果が出るまで毎日繰り返し薬を塗布していきます。連続して2週間ほど使用すると効果が実感できますが、いったん使用を中止するとワキガ臭が徐々に戻ってしまうデメリットがあります。

抗生物質で菌をブロックする治療

ワキガは菌の働きが多いほどニオイも強くなります。病院の治療方法では菌の働きにアプローチする方法があり抗生物質を塗布することもできます。抗生物質は即効性が高く数日間の使用でも効果が期待できるメリットがあり、定期的に使用すれば再発をストップさせることが可能です。

ほかにもボトックス注射で汗腺の働きを抑制して汗を抑える方法があります。ワキガ臭を抑える治療として時間がかからず半年~1年ほど持続しますので、大切なイベントの前に行うワキガケアとしてもオススメです。内服治療では交感神経にアプローチする抗コリン薬が有名、この薬を投与すると発汗が抑制できるためワキガや多汗症治療にも効果が期待できます。

ワキガクリームか病院の薬どっちがいいか?

病院で処方される塗布薬は市販の制汗剤では使用できない有効成分や含有量を多くするなど違いがあります。しかし病院の薬を使っても一時的な効果は期待できますが、ワキガを完治させるのは難しい面もあるといわれています。さらに病院でのワキガ治療は保険適用外になるものがありますのでコスト的に継続するのが難しい面も。

ワキガクリームでできないことを病院の処方薬がカバーできることは色々ありますが、ワキガは毎日のエチケットとして続けることが大切です。病院の塗布薬は肌に刺激が強くワキガが軽減しても肌トラブルを招く可能性があります。そのようなデメリットを考えるとワキガ対策はまず自分でできることから始め、自分にあった効果的なワキガクリームが必要なのです。

では満足できるセルフケアにメリットになるワキガクリームの以下の特徴を参考にして今後のワキガクリーム選びを行ってくださいね。

ワキガクリーム選びのポイント

  • 返金制度がある商品で試す
  • 予算に見合うコスパ商品を使う
  • 天然由来成分などデリケートなワキガケアにこだわったクリームにする
  • 汗をかいても長時間流れないもの
  • 第三者機関で安全性チェックを受けているもの

コメントは受け付けていません。