ワキガクリームを2種類購入しましたが混ぜて使っても大丈夫ですか?

ワキガクリームの人気商品どちらにするか決められず二つとも買いました。どちらも効果が少ないので合わせて使ってみたいのですが大丈夫でしょうか。

ワキガクリームは殺菌成分と制汗成分が配合されているので、アポクリン汗腺の汗に対抗する効果が期待できます。商品によっては効き目が少ないものは存在しますので、選ぶときに慎重に判断しないといけません。

どのワキガクリームでも共通していえることは、単体で使用することを想定して作られている点です。そのため複数の異なるクリームを合わせて使うと効果が発揮できない場合がありますので、製品の使い方通りに使用することをオススメします。

ワキガクリームの効果が怪しい?使い方は大丈夫?

ワキガクリームはしっかり殺菌と制汗してくれるのですぐに無臭になるイメージがありませんか。一般的な制汗剤よりも値段が高くそのために期待感が高くなってしまいますよね。もしワキガクリームを使って効果が実感できない場合ですが、まず商品自体の質が疑わしいポイントになります。さらに効果を左右することが使い方。ワキガクリームに満足できない場合の原因や対策方法について詳しく解説していきたいと思います。

綺麗な肌に塗ってる?入浴後が一番良いタイミング

ワキガクリームはアポクリン汗腺の汗を抑える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」や殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」などの有効成分を配合しています。これらの成分は肌が綺麗な状態で使うことが消臭効果をマックスにするコツ。汗や皮脂などの汚れた肌に塗ってもすでに雑菌が繁殖している状態なのでワキガ臭がしっかり消えない可能性があります。

ワキガクリームの効果がよくないと思ったときは、一番実感しやすい入浴後に使ってみましょう。肌をやさしく洗い毛穴の汚れを取り除き入浴後は肌をしっかり乾燥させておきます。この状態でワキのくぼみをはじめ全体的にクリームを刷りこむように塗り、朝のワキガをチェック。無臭で一晩過ごせればワキガクリームの効果が発揮されているサインです。

量をたっぷり塗りすぎてもダメ!使用量に注意しよう

ワキガクリームはプッシュ式のボトルタイプやチューブタイプなど容器のデザインが色々あります。人気があるプッシュ式ボトルは片手で使えることや、清潔に使用できる点がメリットで多くのメーカーで採用しています。ワキガへの効果が弱いと感じた時に多くの人がやってしまうのが2倍量を使うこと。クリームの使用量は各商品ごとに説明書に記載されてありますので、必ず守って使用してください。

消臭効果はクリームを増量しても効果が2倍になるわけではないのです。逆に使いすぎると肌に負担がかかるリスクもありますし、コスパ的に悪くなるので本来なら1か月使えるところ2週間程度で終わってしまいますよ。ワキガクリームの量は少なくても多すぎても想定された効果が得られない可能性があるのでご注意ください。

配合成分や使用感を吟味して選ぶこと

スプレーデオドラントは値段が安いことが人気の理由。しかしワキガ原因に合わせて作られていないため消臭力は満足できないかもしれません。ワキガクリームはアポクリン汗腺の汗や菌の働きを抑える目的で成分が配合されていますので、値段はスプレーやスティックタイプと比べると割高になります。長く使いたいのでできれば安くしたいと思うのは皆さん同じでしょう。

でも値段だけにこだわってワキガクリームを選ぶと質が悪く、肌トラブル原因になることもあります。さらに有効成分の含有量が少なく消臭効果がまったくない場合も。ワキガクリームの効果が実感できないのは、質の悪い製品の可能性がありますのでしっかり消臭効果を発揮する成分を選ぶことも大切です。

 殺菌と抑汗成分以外にも高い消臭力がある柿タンニンやハーブエキスなど、自然成分を合わせて配合したワキガクリームはサポート力があるのでオススメです。

ほかの制汗剤と合わせても効果はよくならない

せっかく買ったワキガクリームを無駄にしたくないので、ほかの制汗剤と併用する人もいるでしょう。まず避けたいことはワキガクリームを数種類混ぜて使うことです。クリームには乳化剤などのテクスチャーを安定させる成分が使用されていますので、ほかのメーカーの商品と合わせると液体化してしまうこともあります。また配合成分の相性が悪くなる可能性、肌の刺激が増えるリスクなども考えないといけない点です。

2種類ワキガクリームを混ぜて使用しても効果がアップすることはありません。それよりもしっかり自分のワキガ環境にあった働きをするワキガクリームを見極めることが大切なのです。使用の際にやってしまう間違いで多い次のポイントに注意してワキガクリームを正しく使用しましょう。

ワキガクリームを使うときの注意点

  • 香水でワキガを隠さないこと
  • スプレータイプと併用しないこと
  • しっかり効果を判断するために1か月以上は継続してクリームを使うこと

コメントは受け付けていません。