多汗症とワキガの違いを教えてください


汗かき体質の20代です。子供のころから人よりも汗かきでタオルをいつも持参しています。大人になって心配なのがワキガ。多汗症とワキガはどんな違いがあるのか教えてください。

多汗症は環境に関係なく汗をたくさんかく症状で額や手の平からぼたぼたと汗をかくほど重度の方もいます。ワキガは汗と菌が影響するので多汗症だとワキガとの関連性が気になるでしょう。

基本的に多汗症とワキガは原因となる汗腺が異なりますので、多汗症の人が必ずワキガとは限りません。しかし汗と菌がワキガ臭発生原因になるため、多汗症はワキガ対策をしっかり行い予防することをオススメします。

多汗症の特徴と原因・ワキガになる前の改善策

寒いところでもひとりで汗をかいてしまう多汗症は、近年患者数が増えているといわれています。発汗機能は人間の体がもつ自然の働きですが、多汗症は多量の汗がでる疾患で治療が必要になる場合もあります。ワキガも汗との関係がありますので多汗症からワキガになる不安を抱く方も多いでしょう。そこで早速ですが、多汗症とワキガの違いについて、また改善策について参考になる情報をご紹介します。

汗の病気である多汗症とは?

エクリン汗腺

多汗症は全身性多汗症と局所多汗症のふたつがあります。原因を分けると感染症や原発性のものや、内分泌代謝異常や神経性の疾患によりおこるものなどがあります。人間の体にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺、多汗症はエクリン汗腺からの汗が多くでてしまうことが特徴です。

エクリン汗腺は体温調整をする際に機能するもので、運動したときや気温が高い日にかく汗。ワキガとの関連が気になるのは原発性局所多汗症で、手のひらやワキ、足の裏など体の特定部位から過剰な発汗があることが特徴です。

多汗症の治療方法は原因により異なりますが、ステロイドを使用する方法や交感神経遮断術で発汗機能をブロックする方法もあります。多汗症になると気温に関係なく汗を大量にかくことが特徴、汗のニオイはさほど気になりませんが洋服に汗シミを残したり、ワキなどの部位によっては菌が繁殖しやすくなります。

ワキガ(腋臭症)の原因と症状について

アポクリン汗腺

ワキガはワキから発生する不快なニオイというのは皆さんご存知でしょう。正確には腋臭症と呼ばれる症状でアポクリン汗腺の汗と雑菌が混ざり悪臭を発生させる状態を指します。ワキガ原因として多いのは親から遺伝すること。アポクリン汗腺の数や大きさは体形が親に似るように遺伝する確率が高いものなのです。

欧米人は全体の80%がワキガ症状があるといわれていますが、日本人は比較するととても少なく全体の10%程度。だからこそ逆にワキガだと目立ってしまい、コンプレックスにもなりやすい問題なのです。

ワキガの予防は皮膚表面の細菌を減らして肌を清潔にすることが必要、また汗の量を減らすためにアポクリン汗腺を外科手術で取り除く方法もあります。アポクリン汗腺はワキやデリケートゾーンに多く分布しているため、ターゲット個所を定めてケアすることができます。

ワキ汗は多汗症かワキガのどっち?

ワキは汗腺が多く集まる部分なので暑い季節は汗をかきやすい場所です。夏は全身どこも汗をかきやすくなりますが、胸や腕などは汗をかいても蒸発するためワキのようにべたつきやニオイは気になりません。

ワキ汗を多くかく人はワキガなのか多汗症なのか区別がつかないことが多いでしょう。そんな時にチェックしたいことがワキガ原因になるアポクリン汗腺が多い部位です。デリケートゾーンや耳の中、足の指などのニオイが強い人はワキガの可能性が高いといえます。

ワキガ臭が心配、ワキ汗のシミが気になると心配ほどさらに汗は出てしまいます。このような場合は精神性発汗が原因になりますので、緊張したりイライラするとワキ汗はどんどん出てしまうのです。多汗症はワキだけにとどまらずあちこちに汗をかきますので、心配な場合は皮膚科で相談してみましょう。

ワキガ予防にもなるワキ汗を止める方法について

ワキは汗をかくと蒸れてしまうので雑菌が繁殖しやすい場所です。多汗症もワキガも汗が原因でニオイにつながる可能性がありますので、ワキ汗を少しでも減らすことはワキガ対策にも必要といえます。

ワキに汗をかくこと自体は体の自然な働きなので病気ではありません。ワキガは自分で予防ができますし、エチケットを意識することも必要です。その際に意識したいワキ汗を止めるコツですが、次のポイントをぜひ参考にしてください。

ワキ汗は悪くないと開き直る

緊張すると汗腺の働きは過敏になりますので、多汗症とワキガにとってはデメリット。汗をかきたくないと思うほど緊張性の発汗が増えるので開き直りリラックスことが大切です。

抑汗成分が配合された制汗剤を使う

ワキ汗を止めるには制汗有効成分が配合されたクリームがオススメです。抑汗効果の高いデオドラントを全身にたっぷり塗ると汗腺が塞がれて夏は熱中症になる可能性もあるので説明書通りに使ってください。

コメントは受け付けていません。