制汗剤を使わないでワキガの消臭はできますか?

制汗剤が苦手な18歳です。どれを使ってもかぶれたりかゆくなってしまいます。ワキガ消臭は制汗剤以外に方法はありますか?

制汗剤による肌トラブルは皆さん経験があるでしょう。肌が赤くなり腫れてしまうほど悪化する場合もあります。ワキガで制汗剤が使えないほど敏感肌の場合は、体の内側から食生活や生活習慣を正してニオイを軽減する方法があります。

とても大切なことなのですが、残念ながらこれだけでは即効性がなくワキガ臭をしっかりブロックすることができません。制汗剤はすべて刺激が強いわけではありませんので、保湿成分など肌を整える成分が配合されたワキガクリームを使ってはいかがでしょうか。

敏感肌のワキガ対策方法・刺激のない消臭技とは?

敏感肌でも体臭やワキガの悩みを抱える人は大勢います。困る点は制汗剤選びで失敗しやすいことで、無理に消臭だけにこだわってしまうと敏感肌がさらに悪化する可能性があります。制汗剤にはあらゆる成分が含まれていますので、肌に優しい方法でアプローチすることが敏感肌のワキガ対策の基本。そこで早速ですがかぶれやかゆみが気になる方にオススメのワキガ対策をご紹介したいと思います。

敏感肌がワキガ対策で注意したいこと

ワキガは性別、年齢、肌タイプに関係なく起こりますので、毎日快適に消臭対策するためには自分に一番合う方法を選ばないといけません。市場にはあらゆる制汗剤が出回り宣伝効果に振り回されて失敗することも増えています。とくに敏感肌は外部の刺激にダメージを受けやすい状態なのでデオドラントは慎重に選ぶ必要があります。主に次のポイントを注意しながら敏感肌のワキガ対策をはじめましょう。

保湿すること

敏感肌はバリア機能が弱いので刺激を受けやすく、皮膚からの水分が逃げやすい状態です。そのため肌が乾燥するので皮脂バランスが悪くワキには菌が発生しやすいこともデメリット。ワキガ対策は消臭はもちろんですが、肌環境を整えるために保湿も欠かさず行ってください。

添加物だらけの制汗剤は使わないこと

香料、鉱物油などの添加物は敏感肌に強い刺激を与えてしまいます。ワキガ臭を抑えるために殺菌成分や制汗成分を意識することは大切ですが、合わせて添加物の使用にも注意して制汗剤選びをしてください。

手作りの制汗剤でケアをする方法

市販の制汗剤だと心配という場合は手作りでワキガ対策することが可能です。敏感肌の方は次の方法もぜひトライしてください。

ミョウバンスプレー

ミョウバンを水で溶かしたものをスプレーすると殺菌と抑汗効果があり、市販のデオドラントのような効果が期待できます。直接肌につけるのが不安な場合は浴槽にミョウバンを少量混ぜて入浴する方法もオススメです。

レモン汁を塗る

レモンに含まれるビタミンCは美肌にメリットがあり、ターンオーバーを活性化する効果や保湿にもオススメです。またレモンは殺菌効果がありますので人工的な成分では不安な方にもよいでしょう。レモン汁をコットンに浸したもので入浴後や出かける前にワキを綺麗に拭き取ります。1日2回、継続して消臭対策を行ってください。

リンゴ酢

リンゴ酢は通常の穀物酢よりもマイルドなのでワキガ対策にオススメです。肌がヒリヒリしやすい人はリンゴ酢を水で薄めてワキに塗布してください。また食事で酢を積極的に摂取すると体のなかからも消臭対策ができますよ。

肌に優しくワキガ消臭ができるのはワキガクリーム!

ワキガ対策を短時間で効果的に行うには、どうしても制汗剤が欠かせません。スプレータイプなどの通常の制汗剤は添加物が多くしかも消臭効果が持続しないデメリットがあります。何度もスプレーするとそれだけ肌に負担がかかりますので敏感肌にはオススメではありません。

肌に優しく使える制汗剤はワキガクリーム、保湿成分が配合されているので乾燥しやすい敏感肌のコンディションにもぴったりです。またかぶれやかゆみ原因になる添加物をできるだけ使用せずに製造されていますので、デリケートな肌や全身どこでも使える安全性が魅力といえるでしょう。

ワキガ臭は汗のニオイと異なりツーンとした独特な嫌な臭いが特徴、これを消臭するためには殺菌と抑汗でブロックするワキガ専用の制汗剤がオススメです。消臭効果をとるか、それとも肌に優しいものを使うか?どちらの悩みも一度で解決できるのがワキガクリームです。

生活習慣の見直しをプラスして臭わない体質を作ろう

敏感肌はできれば制汗剤だけに頼らず体内からもしっかりケアしたいですね。生活習慣の見直しはワキガ体質を改善するためにメリットがありますので、とくに制汗剤で肌トラブルになりやすい人は次の改善ポイントを意識することをオススメします。

生活習慣改善のポイント

  • 早寝早起きで生活リズムを整える
  • 有酸素運動で汗をたっぷりかくこと
  • 肉を減らして野菜中心の食生活にする
  • スナック菓子や加工食品、外食を控え健康的な食生活を送る
  • 飲酒や喫煙に注意する

コメントは受け付けていません。